このガジェットでエラーが発生しました

2014年2月10日月曜日

【若い世代へメッセージ】そして、Googleの凄さ、最近実感しまくり。

googleドライブ、マップ、Youtube、画像、gmail、カレンダー。自分のgoogle依存が最近凄い。すべて使いやすいし、互換性?や汎用性があるため、他のアプリを使わなくなる。たとえばドロップボックス。数年前に革新的!なんて思ってたら、もう時代遅れ。今はgoogleの2次バックアップ用になってしまった。


今、「ITビジネスの原理」を呼んでいる。ITやネットワークは自己実現を加速させるものらしい。人を幸せにするものとの事。自分は、不自由を変えるもの、また買えるものと考える。震災時に掲げたⅠではなくWe pray for japan みんなで日本を考え日本の将来を祈る。
これからはネットを駆使し、自分のやっている事に付加価値を加え、自己実現を表現する事がより身近になる時代。その方法を自分は考え、仲間が分かりやすいように噛み砕き、説明をし、それを提供することで売上をあげようと考える。


メッセージ⇒若い世代へ。 シーザダブル株式会社は素直で自分と向き合って悩む若者を受け入れます。そして自分は運が良いと考える人。自己改革がこれから必要になってくる。どんどん世の中の仕組みが変わっている。パラダイムシフトの連続。IPS細胞やSTAP細胞のような世紀の発明も、数年経てばそれをはるかに超えた発明が当然出る。今後不老不死は身近と考える。しかしある人によると、不老不死があってとしても、平均寿命は2000歳らしい。なぜかというと、【自殺】【自害】があるから。
自殺、自害は最大の逃げだ。絶対にいけない。その行動をするくらいなら、とことん逃げればいい。バックレればいい。他人に迷惑をかければいい。自己破産でもすればいい。家入さんは政治家になり、そういう人間を救おうと動いている。コミュニティを作り、そこで人生を問おうとしている。
言ってしまえば、会社も宗教も地元商店街もコミュニティ。どこで心地よく依存できて、自己表現できるかが重要。ネットワークビジネスも立派なコミュニティ。自分は宗教やネットワークビジネスはやっていませんが。

自分も20代、死と向き合ってきた。とことん向き合った。そうすると生にしがみ付く。人の痛みが分かるようになる。悩み悩みぬく事で、ポロっと答えが出るもの。点と点が結びつく30代になり、やっと自分のやりたい事が明確に。そして楽しくなってきた。非常に。
人より秀でた人間になりたいという願望があったが、それは20代に置くことにした。そんな特別感なんかいらない。人生は辛く、儚い。されど素晴らしい。という事を自分の周りに伝えたい。

「厭離穢土欣求浄土」 徳川家康が窮地に立った時、旗印にした言葉。
苦悩の多い穢れたこの世を厭(いと)い離れたいと願い心から欣(よろこ)んで平和な極楽浄土を冀(こいねが)うこと。
自分は徳川家康と同じ両手ますかけ線。家康様と同じように若い世代が安心して暮らせる世の中を作れるように仕掛けを作ろう。