このガジェットでエラーが発生しました

2014年3月4日火曜日

【三途の川は存在し、シックスセンスも存在する】

今日、お婆ちゃんが危篤との報せが。何となく察していただけに、潜在意識が準備をしていたのか、車には何故かスーツを詰め込み済み。颯爽とお婆ちゃんの待つ病院へ。




1日出る致死量Levelの涙を首都高内で流して、からっからの状態で病院へ到着。これは三兄妹到着したら、天国に行くパターンかなー何て思いながら。


ベッドの上で、パンパンに腫れたお婆ちゃんの頬のリンパを一生懸命さすってあげていたら、あれ???お婆ちゃん腫れが引いてるよ?あれ?肺炎で時間の問題ってお医者さん言ってたよらしいけどあれれ?


完ボケのお婆ちゃん、よく見たら顔中腫れがあるのを見て、リンパ流しを敢行。あら!流れる流れる!笑  代謝スゴい!ヤバい!なんて、孫の私は、お婆ちゃんの凄さを感じ、笑顔になれた。


お婆ちゃんの選択肢は人口呼吸器を外すか、外さないかとなり、親戚一同、90歳過ぎのお婆ちゃんの自然体に任せたいと。


お婆ちゃんは何故、生きるを取ったのか!?本人は選択肢を自由に操れる状況の中、何故???


あー。ちょっと考えて分かった!姉はがん、乳がん。その完治を生きている間に見たくなってきたとかー笑。あと私の素敵なお相手も見たくなってきたとかだな。こりゃそーだな(^∇^)


人生って素晴らしい。孫に囲まれて、よいしょと踏ん張り、天からではなく、地から孫やひ孫の成長を見たくなったに違いない。


たくさんの孫がお婆ちゃんとの死と向き合ってまた、おのおのが成長します。私は決めた。俺はなかなか爆笑しないお婆ちゃんを笑わせたい子だった。周りが幾ら引いても、本当にやりたい事がみんなに伝わるまで、軸をブラさず凛としてればよい。


震災後、起業を決意した朝と最近決めた覚醒宣言の朝、お婆ちゃんは夢に出て来た。ものスゴいパワーをいつもくれる。今日も、ものすごーい福耳をずっと触っといた。


天でも地でもどちらでも選べる、佐藤コト婆ちゃんに、経営者としての結果や、最近再開した琴を奏でる音楽の意味、素敵なお相手の紹介を地にいるうちにお披露目したいと帯締め直し


お婆ちゃん、良いの。親戚一同天からでも良いんだと思っているよ。しかし、お婆ちゃんの決めた意味を理解し、それぞれがまた生きていく。血というのは本当に素晴らしい。生きる事の意味、それをまた教えてくれました。ありがとう東北魂。