このガジェットでエラーが発生しました

2014年4月25日金曜日

【契約に縛られない】事で自由度が増す。

独立して、良かったなーと思うことがある。

それは他者から金銭的支援を受けずに、今自由に動く事が出来ている事。最近、起業をする人が多いけど、起業に華やかさとか、起業して生活が楽になるなんてまずないと思ったほうが良いと考えます。

もし、起業してすぐに成功してしまったら、その起業家の大半は遊んでしまいます。自己管理がえげつない人以外は公私混同しだし、現場を任せて、オートマチック化し、進捗を確認しているふりをして、遊んでしまう。


【仕事】というものを履き違えると大変です。他人からの資本や情報、商材をあたかも自分で作り上げたと思ってしまう起業家は、ヤバいと思います。


実は起業家って素直な心の持ち主が多いとも思います。しかし、先輩起業家のアドバイスが、実は行動範囲を狭めていたら、どうしましょう。


先輩起業家が仕事や資本を持って来て、【契約】に縛られてしまい、身動きが取れなくなった的な話を良く聞く様になってしまいました。


ここで自分アピールをすると、シーザダブル株式会社は自由度を重視しています。まず、契約に縛られてはいません。


最初は自由度を重視し、次はモラルや躾的なものを重視し、風土を作りたいと動いています。

その共有する場所は情報共有する場所、事務所が必要となります。商材や人材のハブ化です。



あとは、シーザダブル株式会社は何をしようとしているのかを、アピールする事が重要で、そこに共感して頂く方へ最大限のフォローをするのが事務所を構えて実践する事。


先輩起業家からの仕事支援は、昔からわかりあえている方しかまず受けない方が無難と考えます。あと、期間が短くても、志が高くて思いやりのある方かを自分で見極める事が重要。新潟のある素敵な経営者がまさにそのお方。



長々となりましたが、自分は日々勉強して仕事に対して悩んでいる人達の駆け込み寺にしたいな、なんて思ってます。しかし、今は基盤をつくり、良いリソースを増やす事。コツコツ頑張るっす。